海外国内業者特徴

国内業者とのバイナリーオプション取引でかかる税金

国内業者とのバイナリーオプション取引では、確定申告を行う際に申告分離課税が税金として適用されます。

申告分離課税では、バイナリーオプション取引で得た収益のみが税金の対象となります。
その税率は収益によらず20.315%(内訳:所得税15%地方税5%特別復興所得税0.315%)
と固定されています。

取引 オプション取引
税金の種類 申告分離課税
損失繰越 繰越可能(3年間)
税率 課税される所得金額 申告分離課税率
所得額によらず 20.315%

海外業者とのバイナリーオプション取引でかかる税金

海外業者とバイナリーオプション取引を行うと、確定申告を行う際に総合課税が税金として適用されることに注意してください。

総合課税では、バイナリーオプション取引で得た収入にそれ以外の収入を足した物が税金の対象となります。
その税率は収益の合計によって異なることにも注意してください。

取引 オプション取引
税金の種類 総合課税
損失繰越 繰越不可
税率 課税される所得金額 総合課税率
195万円以下 5%
195万円超~330万円以下 10%
330万超~695万円以下 20%
695万円超~900万円以下 23%
900万円超~1800万円以下 33%
1800万円超 40%

税金に不安のある方は、日本語サポートにきちんと対応している海外業者を選択することをオススメします。日本語に対応できるスタッフが在中しているため安心できます。

バイナリーオプションで安全に取引をするための注意点とは?

海外バイナリーオプションのボーナスと出金条件

海外バイナリーオプションで取引を行うことには一定のメリットがありますが、その反面デメリットが伴うことに注意しなければなりません。

例えば、初回入金ボーナスを受け取った際、出金条件(業者の規定する取引額)を満たさないと出金ができないとするバイナリーオプション海外業者もあります。もちろん利用規約にはきちんと書かれているため、業者側の事前説明がしっかりなされていないイメージが多々あります。

ただし、全ての業者がそうであるというわけではありません。出金条件を満たしていない場合に「入金額のみ出金できる」業者や「入金額とその利益分を出金できる」業者もあり、取引を始める前にボーナスポリシーをサポートへ確認することをおすすめします。

これらはボーナスを受け取った場合に限るため、初回入金前にボーナスの破棄を業者側に申請する等、出金トラブルの原因を回避することは可能です。

業者からの出金に時間がかかる場合がある

バイナリーオプション海外業者に対してクレジットカードで入金を行った場合、出金に時間がかかってしまうことに注意しなければなりません。出金時に入金額分はクレジットカードに払い戻されますが、利益分は銀行送金の扱いとする業者がほとんどです。

出金申請を行う際、出金したお金が到着するまでに時間がかかる可能性があります。このような場合、海外業者側が規定している日数よりユーザーの口座への入金が遅れてしまいます。

出金処理が済んでいる場合、業者側が提携する銀行に問題が発生していることがあります。

つまり出金処理後は該当するお金が手元を離れているため、いくら業者側に催促しても到着が早くなることはないというわけです。しかし、業者側に問い合わせを行うことで、現在該当のお金がどこにあるかの確認は行えます。極端な話、出金処理中のお金に対して、輸送(宅配)業者のトラック追跡のようなことができるはずなのです。

ただし、本人確認書類の不備や業者側の出金渋りが無いというのが話の大前提になります。

国内に未登録の海外業者との取引

バイナリーオプション海外業者と取引を行う場合、「国内で未登録の業者がある」ことに注意しなければなりません。ただし、海外業者で60秒といった短期のバイナリーオプション取引を提供しているところに限ると、国内で登録している業者はありません

理由としては、以前に行われた国内のバイナリーオプションに対する規制。この中で短期のハイローオプションが規制項目に入っているのです。海外業者が国内で登録を行っているとしたら、この規制内容に基づいたサービスの提供を行う必要があります。つまり、短期取引を目的に海外業者でバイナリーオプション取引を行うのであれば、どうしても国内で未登録の業者と取引を行わなければならないのです。

短期取引といった海外バイナリーオプションならではの特徴を重視しないのであれば、未登録の業者との取引を避けることでリスクを少なからず抑えることができます。

クレジットカード対応

バイナリーオプション国内業者では各業者の口座からの入出金に対応しています。バイナリーオプション海外業者も口座からの入出金に対応していますが、入出金手数料がかかってしまいます

しかし、バイナリーオプション海外業者ではクレジットカード(デビットカード)での入出金にも対応しており、クレジットカード(デビットカード)であれば入出金手数料が無料になるバイナリーオプション海外業者もあります。
入出金手数料別で業者比較を行っているので、そちらを参考にしてください。
また、バイナリーオプション業者によっては最低入金額を設定しているところもあるので、注意してください。
また、これらのカードとは別にVプリカ(下記詳細)と呼ばれるVISAのプリペイドカードに対応しているバイナリーオプション業者も存在します。

Vプリカ(VISA プリペイドカード)対応

一部のバイナリーオプション海外業者では、VISAのプリペイドカードに分類されるVプリカでの入出金にも対応しています。

国内ではオンラインゲームのアイテム決済や海外ゲームの購入等でVプリカの知名度が上がっており、バイナリーオプション海外業者との取引で使えるようになってきています。個人情報を出す必要がなく、審査なしにVISAブランドのカードを発行することができます。また、取引明細の送付もないため家族に取引がばれる心配もありません。Vプリカによって海外業者とも安全にバイナリーオプション取引を行うことができますが、Vプリカに対応していないバイナリーオプション業者があることに注意してください。

バイナリーオプション海外業者でも安全な信託保全制度

取引しているバイナリーオプション業者が倒産しても、信託契約を結んだ信託銀行によって投資家の資産の安全が保証されている制度です。

バイナリーオプション国内業者にはこの信託契約が義務づけられていますが、バイナリーオプション海外業者は信託契約を行わないところもあります。
バイナリーオプション取引前に契約内容を確認するなど、安全に取引を行う上で注意が必要な部分です。


Comments are closed.