ワンタッチオプションについて

By:

前回の「トーシロのバイナリー攻略」では、バイナリーオプション取引ルールの1つレンジオプションを確認しました。今回の記事では、別のバイナリーオプション取引ルールとなる、「ワンタッチオプション」について確認していきます。

ワンタッチオプションでの取引は、いったいどのようなものなのか?気になる疑問点をトーシロ(素人)なりに解決していきましょう。

ワンタッチオプション以外の取引ルールやその他の基礎知識に関しては、トーシロ(素人)の海外バイナリーオプション攻略で記事をまとめているので参考にしてください。

ワンタッチオプションの意味とは何でしょう?

ワンタッチオプションの取引ルールを確認する前に、まず「ワンタッチ」という単語の意味に着目してみましょう。

ワンタッチオプションの「ワンタッチ」とは?

まず、タッチを英和辞書で調べるとタッチは英語で「touch(タッチ)」といい、日本語で言うところの「触れる」という意味に当たります。このことを踏まえると、ワンタッチという単語が「1回触れる(one touch)」という意味であることは容易に推測ができます。

それでは、ワンタッチという言葉の意味が分かったところで、実際の取引ルールについて確認することにしましょう。

ワンタッチオプション取引のルールを確認する!

さて、ここからが本題になってきます。バイナリーオプションにおけるワンタッチオプションの取引ルールは、どのようなものであるかを確認していきましょう!

ワンタッチオプションでは「特定の価格に触れるか(到達するか)どうか」の予想を行います。ハイローオプションで「ハイ(高い)」か「ロー(低い)」を選択するのと同じように、ワンタッチオプションでも「タッチ(触れる)」あるいは「ノータッチ(触れない)」の2択から予想を行うことになります。

他のバイナリーオプションの取引ルールと比べると、取引時間満了より早く終わる可能性があります。タッチの項目を選んだ場合、一度その価格に触れるだけで取引成功が確定し、ペイアウトを受け取ることができます。この取引ルールがワンタッチと呼ばれる理由はここにあります。

予想方法 タッチ ノータッチ
役割 一定時間後までに、特定価格に触れる事を予想 一定時間後までに、特定価格に触れない事を予想

一定時間後の相場で、特定の価格帯に触れる(到達する)のであれば「タッチ」触れない(到達しない)のであれば「ノータッチ」を予想します。レンジ相場で推移を行っている場合、ノータッチを選択して取引をすることが多くなる傾向にあります。しかし、ノータッチが成功する確率は低く、タッチの方で取引を行うかどうかを考えたほうが建設的です。

なお、業者によってはどちらか一方の選択肢があるか、上下のどちらにタッチするかを選択させるところもあるようです。

上下のどちらにタッチするかを選択する場合、経済指標のような大きく相場変動が起きる場合を狙うはずです。しかし、業者側はそうなることは分かっており、市場予想が当たった場合の選択肢が取引画面に表示されることはほぼありません。

つまり、経済指標発表時に経済指標の市場予想が外れる場合には効果を発揮すること言うわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です