ハイローオプション取引方法

By:

前回の「トーシロのバイナリー攻略」では、バイナリーオプション取引における通貨ペアについての基礎知識を確認しました。今回の記事では、バイナリーオプションの基礎中の基礎。まさにキングオブ基礎と言っても過言ではない、ハイローオプションの取引ルール。その取引ルールについてトーシロ(素人)なりに見ていきましょう。

ハイローオプション以外の取引ルールやその他の基礎知識に関しては、トーシロ(素人)の海外バイナリーオプション攻略で記事をまとめているので参考にしてください。

ハイローオプション取引とは?

ハイローオプション取引とは、一定時間後の取引銘柄の相場が現在より安くなるか高くなるかを予想する取引の事を指します。バイナリーオプション取引において、最も一般的な取引ルールです。現在は、海外バイナリーオプションでのみで取り扱われている取引ルールであるため、国内バイナリーオプション取引では利用できません。国内バイナリーオプションでは、ラダー型と呼ばれる取引ルールが主体となっています。

バイナリーオプション取引におけるハイローオプションのイメージ

バイナリーオプション取引におけるハイローオプションは「単純2択」と呼ばれており、国内バイナリーオプションでは規制対象となってしまいました。取引に成功すればペイアウト率に応じて利益を手にすることができます。しかし、取引に失敗した場合は、その投資額をすべて失ってしまいます。海外バイナリーオプションでは、投資額の条件が大きいことやペイアウト率の設定があるためにハイリスク・ハイリターンの特徴があります。

国内バイナリーオプションで提供されているラダー型でも、取引成功時に利益を得ることができ、取引失敗時に投資額をすべて失ってしまうこと自体は変わりません。しかし、国内ではペイアウト率の概念がなく、取引成功時には固定額が返却されます。投資額の上限が低く設定されていることからも、ローリスク・ローリターンな取引となっています。

ハイローオプションの取引時間

このハイローオプション取引には、様々な取引時間が提供されています。特に短期取引は、トレーダーが海外バイナリーオプション取引を選択する際の取引時間の違いは以下のようになっています。

期間の分類 短期 中期 長期
取引時間 30秒, 60秒(1分)等 10分, 30分, 1時間等 1日, 1週間等

バイナリーオプションを提供している業者によって、提供されている取引時間が違うことがあります。基本的に取引時間が短いものは、「短期取引」に分類されます。バイナリーオプション取引における短期取引では、相場の一瞬の値動きを予想しなければならず、予想が難しいと言われています。

もし、短期取引のハイローオプションが自身に合わないということがあれば、中期~長期のハイローオプションで取引を行ってみることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です