棒グラフの活用法

By:

24オプションのテクニカルツールで棒グラフを表示する

海外バイナリーオプション業者である24オプションに新機能としてテクニカルツールの提供が開始されました。このツールを使いこなすことで、相場を様々な視点から分析できるようになります。

24オプションのテクニカルツールでの棒グラフ表示

この記事では、ツールを棒グラフで表示するための手順を示すとともに、バイナリーオプションの相場の動きを読むための効果的な使い方について徹底解説していきたいと思います。ツールにどのような機能がついているかは、テクニカルツールのマニュアルで確認してください。

ツール上のチャートを棒グラフ表示にする手順

24オプションのテクニカル表示を棒グラフ表示に切り替える手順を解説します。実際のメニューでは、以下のようにテクニカルツールでの表示切替機能として用意されています。

24option_technical_toolbar

画像の位置に配置されている棒グラフの描かれたアイコンを押すと、ツール上のチャートを棒グラフ表示に切り替えることができます。24オプションのテクニカルツールでは、このようにローソク足だけではなく棒グラフでの表示も可能です。

棒グラフ表示の利点

ローソク足では始値と終値の表示こそあるものの、始値と終値の関係は重視されていませんでした。では、この棒グラフ表示はどのような使い道があるのでしょうか?まず、ローソク足とは違い、始値や終値などの表示方法が特殊だということを挙げることができます。終値は棒グラフの右側に出ている棒、始値は棒グラフの左側に出ている棒で確認することができます。このように棒グラフ表示では始値と終値が明確に表示されています。

ツール上のチャートを棒グラフ表示することにより、棒グラフ上の終値と始値の位置を意識的に見ることができるため、相場の流れを把握しやすくなる特徴があります。ローソク足であれば、終値と始値を別途表示することはないため、ヒゲの長さや胴体の長さに目が行ってしまいがちです。ローソク足のヒゲなどでは相場の勢いを確認できます。相場の勢いの確認はその方向への変動が継続する可能性が高いことを表しますが、相場の方向性を確かめるだけであれば棒グラフ表示の方に利点があるといえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です