円安になる理由

By:

この記事は、「トーシロの海外バイナリーオプション攻略」のバイナリーオプション攻略編に分類されています。2014年11月現在、米ドル/円相場において円安傾向の相場推移が継続しています。今回紹介する攻略法では、このような相場の背景をもって取引に臨むための攻略法となる「円安になる理由」を考えていきましょう。

円安になる理由を考えることで、バイナリーオプションで正しい取引方向を予想するための手がかりになります。

さて、円安になる理由として、日米双方の経済情勢日米双方の金融政策の違いを挙げることができます。この理由からも為替変動が双方の通貨を利用している国の経済情勢によることが確認できます。これは、別の記事でも取り上げた「ファンダメンタル分析」の考えにかなっています。

それでは、バイナリーオプション取引において重要となる円安になる理由を確認しましょう。

円安になる理由以外のバイナリーオプションの攻略法については、トーシロ(素人)の海外バイナリーオプション攻略で記事をまとめているので参考にしてください。

円安になる理由とは?

まず、バイナリーオプション取引の攻略法の1つ「ファンダメンタル分析」では、世界各国の経済情勢が為替変動の理由になることを確認しました。では、円安になる理由にはどのようなものがあるでしょうか?

円安になる理由は、先述した通り「日本の経済情勢」や「アメリカの経済情勢」と深い関連があります。

主に円安と関連があるものは、各国ともに株価と為替取引の関係、そして金利差の2つが考えられます。トレーダーはこれらを為替相場変動の判断材料にすることが多いのですが、リスクが低いものへの投資を優先する傾向にあります。

円安になる理由とは?

まずは、株価と為替取引の関係について説明します。株価指数等の取引は、リスクが高いものと考えられています。その反対に、為替取引はリスクが低いとされており、特に日本円はリスクが低い通貨として知られています。つまり、株価に関連する日経平均株価やNASDACの値が上昇方向に動けば、リスクの低い為替である円を売って株式投資にお金が流れます。これが、円安方向への推移に繋がります。

また、日米の金利差が大きくなった場合は、同様に円を売りアメリカ国債を購入する傾向があります。現在、日本ではゼロ金利政策が行われていますが、アメリカも金融緩和政策の終了後の利上げのタイミングを待つ状態となっています。このアメリカ側の利上げが実施されれば、政策の違いより日米の金利差が開くことは確定します。

これはまだ先の出来事になるため、タイミングによっては現在よりも円安が進むことになります。2014年末以降は、アメリカの利上げに関する情報を追うことが、バイナリーオプション取引での勝ちにつながると言えます。

円安になるその他の要因

次に、円安になるその他の要因について確認していきましょう。そもそも株価指数の変動は、世界各国の経済情勢に左右されているとみなすことができます。このことから、国の景気の良し悪しを示す経済指標も円安を誘発する1つの理由として考えることができます。景気が安定していれば、為替取引よりも株式投資が多くなることで、円安につながることになります。

ここで、これまでに出た円安になる理由についてまとめていきましょう。

円安になる理由 取引リスク 金利差 経済指標
トレーダーの動き 景気が良いとリスクの高い取引を好む傾向 金利が高いと景気が良いと考える傾向 景気が良いかの判断材料とする

円安になる理由として、主に上記に絞ることができます。円安傾向になるためには、日本そしてアメリカの「安定した景気」・「金融政策」の面で、トレーダーがどのような取引へ移行するかを確認すべきです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です