ファンダメンタルズ分析

By:

「トーシロの海外バイナリーオプション攻略」のバイナリーオプション攻略編となります。今回紹介する攻略法は、世界の経済情勢から相場推移を予想する「ファンダメンタル分析」と呼ばれる攻略法です。ファンダメンタル分析は以前紹介したテクニカル分析とは違い、世界各国の経済情勢に関する情報を集めることがカギになります。

為替など取引銘柄における相場は、世界各国の経済情勢を判断材料としたトレーダーが取引を行うことで変動しているものと言えます。そのため、為替であればその通貨を利用している国の経済情勢によって、上昇または下降という相場の方向性が決まってきます。

この記事では、バイナリーオプションにおけるファンダメンタル分析の役割と、どのような判断材料を用いるのかを確認していきましょう。

ファンダメンタル分析以外のバイナリーオプションの攻略法については、トーシロ(素人)の海外バイナリーオプション攻略で記事をまとめているので参考にしてください。

ファンダメンタル分析とは?

まず、バイナリーオプション取引の攻略法の1つ「ファンダメンタル分析」がどのようなものであるか確認しましょう。

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは、相場が変動する要因となる世界各国の経済情勢の情報を活用し、投資する方向性を決定する判断材料とすることを意味しています。バイナリーオプションのような為替取引においては、上下どちらの方向に推移するかの判断材料を確保することは重要です。経済情勢の情報として代表的なものは「重要閣僚の発言」や「経済指標の発表」等があります。

また、ファンダメンタル(fundamental)という言葉自体には「基礎」という意味があり、経済の基礎を表す情報が分析の要であることは間違いありません。テクニカル分析がチャート上の動きから投資方向を決定することに対し、ファンダメンタル分析ではチャート以外の情報を用いるという違いがあります。

さらに、ファンダメンタル分析で経済指標の結果を用いたものは、過去のデータと現在のデータを比較した結果が重視されます。

バイナリーオプション取引でファンダメンタル分析を使用する

バイナリーオプション取引でファンダメンタル分析の攻略を行う際の判断材料して、先述した2つのものがあります。さて、それらの判断材料にはどのような根拠があるのでしょうか?以下の表で、確認していきましょう。

判断材料 重要閣僚の発言 経済指標の発表
根拠 経済・財政に関連した重要閣僚の発言 景気の良し悪しを表す具体的なデータ

上記2つの判断材料は重要で、この情報だけでも相場の方向性が決まることがあります。しかし、だからといってファンダメンタル分析を単独でバイナリーオプション取引の攻略法として利用するだけでは、相場の方向性を確実に決定することはできません。それは、チャート上では経済情勢以外にも「買いすぎ」・「売りすぎ」というトレーダーの心理面の要因が発生し得ることが原因です。

為替やその他様々な銘柄を取り扱うバイナリーオプション取引ですが、ファンダメンタル分析だけでなくテクニカル分析の併用を行うことで、より根拠のある攻略が可能になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です